髪・地肌にやさしい白髪染めは?

ヘアカラーの種類でどのようなタイプのヘアカラーがあるか見てきましたが、それを見ると以下のカラータイプが髪・地肌にやさしいと言えそうです。

ヘアカラートリートメントタイプの白髪染め

「へカラートリートメントタイプ」の白髪染めは、「染毛料(化粧品)」>「半永久染毛料」>「新規染毛料」に分類される白髪染めのタイプです。

これらの白髪染めは染める成分として、「塩基性染料」と「HC染料」を主に使っています。この「塩基性染料」と「HC染料」は2001年の化粧品規制緩和により化粧品への配合が可能となったもので、それ以前は利用できないものでした。つまり、これらの商品が出てきたのは比較的最近なんですよね。

ヘアカラートリートメントタイプの白髪染めの特徴


染める成分

ヘアカラートリートメントタイプの白髪染めは染める成分として主に、「塩基性染料」「HC染料」を利用しています。

塩基性染料
塩基性染料はプラスの電荷を持っているため、毛髪表面のケラチンタンパクのマイナス部分とイオン結合し染料が付着します。しかし、分子のサイズが大きいので髪の内部には入り込めず、あくまで毛髪の表面に付着するだけです。

HC染料
「HC染料」はプラスやマイナスの電荷を持っていないのでイオン結合は出来ませんが、分子サイズが小さいためキューティクルの隙間から毛髪の内部まで浸透します。

「ヘアカラートリートメントタイプ」の白髪染めはこれらの染料で髪を染めますが、酸化染毛剤のようにキューテクルを開いて脱色、染毛することはしないため、髪にはやさしいつくりになっています。
しかし、酸化染毛剤と比較すると、染毛力は落ちるため、染毛が持続しないという欠点があります。また、染毛をケラチンタンパクのマイナス部分とキューティクルの隙間に頼っているため、ケラチンタンパクのマイナス部分が少ない人や、キューティクルの隙間があまりない人だと染まりが悪くなります。

ちなみに、一般的には髪が痛んでいる人のほうが、ケラチンタンパクのマイナス部分が多く、また、キューティクルの隙間も大きいといえますので、髪が痛んでいる人のほうが染まりやすいという結果になります。

染毛の持続性

このタイプの白髪染めによる染毛の持続性は長くて2~3週間です。また、髪表面に付着している染料も多いため、髪を洗うことで染料も落ちてしまいます。また、雨や汗などでも染料が落ちてしまう場合がありますので、注意が必要です。
継続して染まった状態にするには、少なくとも1週間に1回程度は染める必要があります。

髪をいたわる成分の配合

「ヘアカラートリートメントタイプ」髪にダメージを与えない白髪染めですが、酸化染毛剤と比較すると染まりがよくないという欠点がありますが、現在発売されている「ヘアカラートリートメントタイプ」は髪にダメージを与えないというのを逆に利点として、さらに髪をいたわる成分を配合することで、髪を傷めず白髪を染められるという製品に仕上げています。