白髪染めとおしゃれ染めの違い

今まで、通常のおしゃれ染めを使っていたあなた。
白髪が少ないうちはまだなんとかごまかせたのですが、だんだん白髪が増えてくるとおしゃれ染め用の染毛剤では白髪が染まらないため、髪を染めても白髪が目立ち始めます。

そこであなたは、もう白髪染めを使わなければならないのか、と考えます。

ところで、白髪染めとおしゃれ染めは何が違うのでしょうか?なぜ、おしゃれ染めでは白髪がそまらないのか、白髪染めとおしゃれ染めの違いについて見てみましょう。

白髪染めとおしゃれ染めの違い

白髪染めとおしゃれ染めの違いを大まかに説明すると、白髪染めとは色素のない白髪に色素を入れて染めるもの、おしゃれ染めとは黒髪にあるメラニン色素を希望の明るさまで脱色(ブリーチ)して色味を入れるものです。

つまり、おしゃれ染めは、基本的には脱色(ブリーチ)することで、現在の色より明るい色にするという染毛剤の配合になっています。
現在の色より明るくすることが前提ですから、白髪は染まらないことになります。
(白髪は既にもっとも明るい色になってますから)
また、ブリーチすることで、髪の色は明るくなりますので、染毛力自体は低めの染毛剤で色味の調整をしています。

それに対して白髪染めは、メラニン色素のない白髪に色を入れ込むため、高い染毛力を持った染毛剤を使う必要があります。また、黒髪も白髪と同じ色に染めないとムラになってしまうため、黒髪を染めるために、脱色(ブリーチ)力も強力なものが必要です。

白髪染めではなく、「黒髪戻し」というものもありますが、「黒髪戻し」は現在より暗い色にするので、白髪染めに近い成分配合になっており、白髪も染まります。


髪、頭皮への影響

ブリーチ力、染毛力ともにおしゃれ染めより強力なものを使う必要があるため、一般的に白髪染めのほうが髪、頭皮へのダメージを与えやすいと言われています。

最近は髪、地肌にやさしいトリートメントタイプの白髪染めが多く発売されていますが、そのようなタイプの白髪染めが発売され、そして売れている背景には、白髪染めをすることでダメージを受けやすくなる、ということがあると思います。
また、白髪染めを使う頃の年齢になると、今まで髪に与えてきたダメージが蓄積されて、ダメージの進行も進んでいることも多いと思いますので、このようなトリートメントタイプの白髪染めがもてはやされるのだと思います。