白髪を防ぐ食生活

白髪は加齢とともに発生してしまうもの。完全に防ぐのは不可能ですが、髪によい食材をバランスよくとることで食生活により白髪の進行を遅らせることはできるかもしれません。白髪を防ぐ栄養素と食材について見てみましょう。

髪を黒くする栄養素

毛髪を作る細胞を正常に機能させ黒々とした髪をつくるには、カルシウム・銅などのミネラル類が重要になります。カルシウムはメラニン色素を作るメラノサイトの働きを活発にさせ、銅はチシロン(アミノ酸の一種)がメラニン色素の生成をする際に必要な栄養素です。ミネラルは微量栄養素でわずかな量でも機能しますが、体内で生成できないので毎日の食事で意識して摂取する必要があります。

カルシウム

メラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)を活性化するカルシウム。カルシウムを多く含む食材としては以下のようなものがあります。

カルシウムを多く含む食材
乳製品、小魚、海藻類、大豆、大豆製品、ナッツ類、乾物類、大根やカブの葉、小松菜など

黒褐色のメラニン色素は、アミノ酸の一種であるチロシンのチロシナーゼという酵素の働きによって作り出されます。このチロシナーゼは銅イオンと結びつくことで効果を発揮するため、銅はメラニン色素を作り出す上で必要な栄養素です。

銅を多く含む食材
牡蠣、イカ、干しエビ、レバー、アボガド、納豆、ナッツ類、大豆、えごま

カルシウム、銅ともに多く含む大豆は積極的に摂取したいですね。


健康な髪をつくる栄養素

白髪を防ぐ前にまず髪が健康でなければなりません。健康な髪を作るための代表的な栄養素をみてみましょう。

タンパク質

髪の主成分はアミノ酸で構成されるタンパク質 (ケラチン) です。健康な髪には良質なタンパク質必要です。

タンパク質を多く含む食材
乳製品、肉類、魚介類、卵、大豆類など

亜鉛

亜鉛は髪の主成分であるアミノ酸の合成に不可欠な栄養素です。

亜鉛を多く含む食材
牡蠣、海藻類、玄米、レバー、ごま、ナッツ類、緑茶、肉類(赤身)、貝、ほうれん草、きのこ類

ビタミン

タンパク質代謝には、ビタミンB群が関与しています。また、ビタミンEは血行を促進し、髪に栄養分届ける働きがあります。

ビタミンB群を多く含む食材
玄米、レバー、豚肉、マグロ、チーズ、大豆、卵、ナッツ類、キノコ類 など

ビタミンE群を多く含む食材
魚介類、レバー、肉類(赤身)、米類、穀類、ナッツ類、緑黄色野菜、大豆、など


これらをバランスよくとることで白髪を出来るだけ防止したいですね。