白髪の原因を改善する

白髪の原因のページで、以下のことにより、白髪の発生の原因である、色素幹細胞のDNA損傷が発生すると考えられている説明しました。

(1)遺伝
(2)加齢
(3)病気
(4)生活環境
(5)ストレス

これらの問題を改善できれば、白髪の発生の進行を緩和することが出来るかもしれません。それぞれの問題に対する対処法を考えてみましょう。

「遺伝」「加齢」

「遺伝」「加齢」については、残念ならが、基本的に対処のしようがなく、加齢による白髪の発生はある程度覚悟しなければならないですね。遺伝については、明確な科学的根拠はないものの、今までの全体的な経験からして、そう考えられています。もし、これが原因だとすると、加齢と同様現状では対処の方法がありません。

「病気」

「病気」については、慢性の胃腸疾患やマラリア、貧血症、甲状腺疾患などの病気があると、急に白髪が増えることがあると言われていますが、これについても対処としては、病気にならないように、日常的な生活習慣を気をつけるくらいでしょうか。

「生活環境」

「生活環境」と一言でいっても、非常に広範囲で漠然としていますが、白髪に関して言えば、紫外線が「色素幹細胞」のDNAの損傷を引き起こす、と言われています。紫外線は肌にも悪影響を与えますが、頭皮も同様に悪影響を与えます。

頭皮を紫外線から守る

帽子や日傘で頭部を守るということで効果があります。今では、日差しの強い日には多くの人が日傘を差していますが、肌だけでなく頭皮を守り、白髪防止にもなりますので、ぜひ実行していただきたいことです。
また、日焼け止めクリームやローションなどのUVカット製品を頭皮に塗ることで、更なる予防が期待できます。特に、冬場はなんとなく日傘を差さない日も多いと思いますので、頭皮用UVカット製品の利用をしておきたいところです。頭皮、髪へののUVケアは白髪予防だけではなく、髪の痛み、抜け毛予防にもまりますので、積極的に利用したいですね。

「ストレス」

ストレスは白髪予防という目的だけでなく、誰もがなくしたいものです。しかし、ストレスの原因そのものはすぐには排除できないことが多いと思いますので、原因を排除するのではなく、リラックスする時間を設けて、ストレスを緩和する、という対処がいいと思います。