白髪のメカニズム

「髪に色がつく仕組み」で髪の色は、髪がメラノサイト(色素生成細胞)からメラニン色素を取り込み色がつく、と説明しました。次は白髪のメカニズムを見てみましょう。

白髪のメカニズム

2009年6月、東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美教授らの研究グループが、白髪になる仕組みを解明した、とアメリカの国際科学誌Cell(セル)に発表しています。
発表によると、黒髪の色素(メラニン色素)を作る「色素幹細胞」が DNAの損傷を修復できずに「自己複製」しないで、すべて「分化(=それぞれの細胞が役割に見合う機能を身につけていくこと)」し、その結果、色素幹細胞が枯渇して色素を作る細胞がなくなり、白髪になるそうです。

東京医科歯科大学プレスリリース

つまり色素幹細胞のDNA損傷により、色素を作る細胞がなくなるため、白髪が発生するようです。

では、どういう原因で色素幹細胞のDNAが損傷するのでしょうか?原因についてみてみましょう。